団地化推進活動

団地化推進活動概要

 今治地域の森林・林業の現状は、森林面積約2万4千ヘクタール(林野率53%)の内、スギやヒノキの人工林約8千ヘクタール(35%)が蒼社川や頓田川上流に多く、放置森林も存在しており、その9割が「間伐」を必要としています。
 今治地域における森林の所有規模は小規模で分散しているため、個々に森林を整備するには効率が悪くなってしまいます。そこで、「間伐」の必要な放置森林を再生するためには、「団地化の推進」しかありません。
 越智今治森林組合では、県、市と連携し、平成22年から「団地化の推進」に取り組んでいます。
 
 所有森林の整備については、越智今治森林組合までご相談ください。
 
 (近年の団地化による間伐箇所)
 ・平成22年度 小川団地、松原団地
 ・平成23年度 馬場団地、河之内団地
 ・平成24年度 大田団地、ハナビラ団地、牛ヶ谷団地
 ・平成25年度 シダヲ団地、相ノ谷団地、奈良原団地、ヤケゴヤ団地、石原谷団地、吉口団地
 ・平成26年度 マツヲ谷団地 

団地化進捗状況

越智今治森林組合
〒794-0103
愛媛県今治市玉川町
法界寺甲114番地1
TEL:0898-55-2001
FAX:0898-55-2901

────────────────